悩んだら1、3、5の数字を意識すると楽|アイデア、考えの整理

人間が生きていくということは、毎日が判断の連続になります。
大きな決断から小さな選択まで色々あると思いますが、そんな時に1・3・5の数字がかなり便利なので、ご紹介したいと思います。

シンプルに整理する

何かのアイデアや考えを出す時は、出来るだけ多くの数を集めますよね。
で、要素を集めきった後に整理するとき、1・3・5の数字を意識して下さい。

物事はシンプルの方が良いです。
なので、出来る限り1つに絞りましょう。

1つに絞れない時は、3つに絞ります。
3は昔から魔法の数字と言われています。
2つよりも3の方が良い場合が多いです。

それでもダメな場合は、5つにして下さい。
5つ以上は多すぎです。
どんな物事も、最大の数は5であると決めてしまうと楽です。

アイデアだけに限らない

1、3、5の法則は、アイデアを絞る時に限りません。
何か物を揃える時や、プレゼンで要素を分ける時など、仕事や日常のあらゆる場面で使えます。

整理や決断が苦手な人には、オススメの方法ですよ!

Sponsored Link

シェアする