エアリーマットレスと折りたたみベッドの組み合わせが最強だった|ミニマリスト感想クチコミレビュー

エアリーマットレスといえばアイリスオーヤマが発売するマットレスで、ミニマリストに人気の商品という事でも有名ですよね。
普通のマットレスのように場所をとらずに3つ折りにも出来て、しかも軽い!
まず買っておいて間違いはありません。

今回はそんなエアリーマットレスと折りたたみベッドの組み合わせは可能か?という点を実体験を元にご紹介したいと思います。

床に直敷きは避けたかった

寝具を新しく購入するにあたり、とにかく省スペースかつ快適なものを探していました。
高級なものだとエアウィーブなんかも有名ですよね。
でもさすがに値段が高いので、コスパ最強と呼び声も高く口コミ評価も良いエアリーマットレスを購入することに。

しかし口コミをみていると、ほとんどの方は床に直に敷いている模様。
床から30cm程はハウスダストが舞っているとのことで、私としては布団のように使うのは避けたい所です。

ネットでベッドの上にエアリーマットレスだけを敷いている口コミを探しましたが、全く見つかりませんでした。

ベッド+普通のマットレス+エアリーマットレスという組み合わせの人はたまーにいましたが、それだとかさばるので、避けたい所。

もう自分で試すしかない!と下記の折りたたみベッドとエアリーマットレスを購入しました。


折りたたみベッド+エアリーマットレス

折り畳みベッドとエアリーマットレスが届き、実際に1ヶ月間寝てみました。

結果は……最高!!でした。

私が買ったのは厚さ5cmのタイプでしたが、1番心配だったのは「エアリーマットレスだけで痛くないか?」という点。
もっと厚い9cmのものであれば心配は少ないのですが、それだとかさばってエアリーマットレスの長所が損なわれるので避けました。
で、実際は厚さ5cmでも全く問題ありませんでした。
痛みもなく快適そのもの。

エアリーマットレスに敷ふとんカバーをかけて、その上にベッドパットを敷いています。


折りたたみベッド+エアリーマットレスのメリット

折りたたみベッド+エアリーマットレスのメリットはなんといっても省スペースだという事。
しかも快適で手入れも楽、湿気がたまらないのでダニ対策にもなると良い事づくしだと思います。

普通のベッドでは部屋間の移動も大変ですが、折り畳みベッドなら掃除などの際でも移動は楽です。

折りたたみベッド+エアリーマットレスのデメリット

折りたたみベッド+エアリーマットレスのデメリット、というよりはエアリーマットレスのデメリットとしてたまに見かけるのが、寝返りなどの際の”音”です。
僕もこの”音問題”は購入前、かなり不安でした。

でも実際寝始めてみると、全く気になりませんでした。
ベッドの上に立って歩くと音がしますが、そんな機会はほぼないので大丈夫です。

エアリーマットレスに布団乾燥機は使えるか?

ちょっと番外編になりますが、エアリーマットレスは樹脂の糸を絡めたもので作られており、超高温にしてしまうと素材がへたったりする事が考えられます。
温度としては80度まで耐えられるとなっているみたいです。

普通の布団乾燥機ではそこまで温度が上がらないので大丈夫ですが、ちょっと不安ですよね。

でも、私はエアリーマットレスに布団乾燥機をガッツリ使っています。笑

一応敷きパッドの上からかけていますが、へたる事もなく問題ありませんでした。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回はエアリーマットレスと折りたたみベッドの組み合わせは実際どうなのか!?という体験談をご紹介しました。
このクチコミは全然なかったので、同じ様な組み合わせを考えている方のご参考になれば幸いです。

ちなみに布団乾燥機と布団掃除機があれば外に布団や掛け布団、毛布を干す必要もなくなるので、合わせて買っておくと便利です。


Sponsored Link

シェアする

関連

関連