表現方法による受け手のイメージの違い|小説、絵本、アニメ、実写

映画

頭の中で創作した物語を人に伝える時、表現方法は色々ある。
本にしたり、映像にしたり。

ではそれらには具体的にどんな違いがあるのだろうか。

受け手に伝える

映像

自分の頭の中のイメージを伝える時、一番伝わるのは映像だろう。
細かな意図は伝わらない事はあっても、ほぼイメージ通りに伝わる

受け手は、作品に対して想像を巡らせる範囲はとても狭い。
その場所や人のやり取りは、それが100%だからだ。
後は人物の心情などを想像するくらいしかない。
観ている側はとても楽だ。

正確に表現するという意味では、実写よりもアニメの方が良いだろう。
生身の役者を完全にコントロールするのはとても難しい。

本は、作者のイメージ通りに伝えるのは難しい。
文章からイメージに変換するのは、読み手に任せられている。
しかし、読み手の想像力によって作品は無限に広がる
実写映像ではCGでお金をかけないと出来ない撮影も、文章なら想像のみで可能だ。

また、挿絵を1枚入れるだけで、より正確なイメージを伝える事も可能だ。
絵本や漫画は、映像のアニメとかなり近い表現方法だろう。



Sponsored Link

シェアする