出産前に退職するタイミング|結婚後に仕事を辞めるのはいつが良い?|妊娠前

寿退社とは、結婚と同時期に仕事を辞めて専業主婦になる事です。
しかし結婚後しばらく正社員として仕事を続けてみて、やっぱり退職して専業主婦orパートになりたい、という方も多いと思います。
今回はそんなケースの場合、出産手当金などの制度上はいつ辞めるのが得なのか?という事を検証したいと思います。

Sponsored

前提条件

退職を検討するケースは色々だと思いますが、今回は下記の様なモデルケースを想定します。

【モデルケース】

・結婚後はしばらく仕事を続けてみたが、子供が出来てもこのペースで働くのは難しそう、という事で近所のパート勤務を希望
・妊娠はまだしていない

まず、子供が出来る前提の選択肢としては下記の3つが考えられると思います。

・育休取得後に退職
・出産直前に退職
・妊娠のタイミングに関係なく、早めに退職

それぞれ詳しく見ていきましょう。

育休取得後に退職

今回は仕事を辞める前提なので、育休手当、育児休業給付金は取れないのでは?と思う方もいるかもしれませんが、制度上は取得可能です。
ただ、本来の制度趣旨は職場復帰を目指す方向けの制度なので、100%退職するつもりならば職場や同僚に迷惑をかけてしまう事になります。
もちろん、職場復帰を考えつつも保育園に落ちるなど、結果として退職してしまう人も多くいますし、それは仕方の無いことです。
貰える金額の目安は最初の半年が月収×67%、後半の半年は月収×50%程です。
額面給与が20万円とすると、1年で120万円程が貰えます。

出産直前に退職

妊娠して、頑張って出産前まで働くと、出産手当金を貰う事が出来ます。
出産手当金は出産日以前42日から出産日の翌日以降56日までの範囲内で、会社を休んで給与がなかった期間を対象に貰えるお金です。
額面給与が20万円とすると、43万円程が貰えます。
加えて、失業手当も受け取れます。

妊娠のタイミングに関係なく、早めに退職

上記2つのお金は基本的に貰う事が出来ませんが、精神的には1番ゆとりがある方法だと思います。
妊娠は授かりものなのでいつになるかわかりませんし、妊娠が難しいケースもあるでしょう。

そんな時期に正社員として激務で働くか、生活に時間面でのゆとりを持つかは、個人の選択だと思います。
もちろん時間のゆとりは出来ても、収入面では減る事は確実ですので、難しい選択ではあります。

ただ、失業手当は受け取る事が出来ます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
めでたく妊娠が発覚すれば出産予定日もわかるので決断はしやすくなるのですが、妊娠前だと判断が難しいですよね。

少しでもご参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました