子どもの写真管理方法は?Googleフォト終了後の代用を探す

Googleフォトが2021年5月末で、無料・無制限保管が終了となります。
今後はアップロード容量に上限が出来、それを超えるとお金を払って容量を増やす必要が出てきます。

これまでは私も子どもの写真・動画などを全てGoogleフォトで管理していましたが、今後はどうするべきか?という点について、今回は書いていきたいと思います。

Sponsored

まず「みてね」は活用しよう

みてね」といえば株式会社ミクシィが運営する写真共有サービスで、子どもを持つ親には定番のアプリとなっています。
無料でも十分利用できるので、まず第1のバックアップ先として、「みてね」は利用しておきましょう。
動画もアップロード可能です。

代用候補はAmazon Photos

Googleフォトの代用として最有力なのが「Amazon Photos」だと思います。
既にAmazonのプライム会員になっているという方には、追加料金もかからないのでオススメです。

私も既にプライム会員になっていたので、「Amazon Photos」を利用します。
一眼カメラなどで撮影したRAWデータも無制限でアップロード出来るのは、「Amazon Photos」ならではの強みですね。
ただ、動画は5GBまでとなります。

ハードディスクにも保存しておく

GoogleフォトやAmazonフォトなどのクラウドサービスは非常に便利ですが、万が一に備えて物理的に手元に保存しておくと、より安心出来ます。
そこでオススメなのが、「おもいでばこ」です。


ハードディスクに保存するというのは、パソコンに詳しくない方には難しいと思いますが、上記の「おもいでばこ」であれば、簡単に写真や動画のバックアップを取る事が出来ます。
保存後もテレビやスマホで簡単に見る事が出来るというのも良いですよね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回はGoogleフォト終了後の子どもの写真管理方法についてご紹介しました。
ご参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました