マーベラス・ミセス・メイゼルは綺麗で楽しいドラマ|映画口コミ感想レビュー

amazonプライムビデオのオリジナル作品「マーベラス・ミセス・メイゼル(The Marvelous Mrs. Maisel)」。
2018年のゴールデン・グローブ賞のテレビ部門作品賞でミュージカル・コメディ部門も受賞しています。

主演は、レイチェル・ブロズナハン。
ネットフリックスのテレビドラマ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」にも出演していましたね。

マーベラス・ミセス・メイゼルのあらすじ

1958年、ニューヨーク。

アッパーウェストサイドに暮らすミッジ・メイゼルは、夫や子供たち、そして華やかな食卓のある幸せな日々を送っていた。
ところがその日常が大きく変わる出来事が起こり、彼女は即座に生き方を変える決心をする。
主婦だった彼女が、コメディアンになるという驚きの決断をするのだ。

監督・脚本は「ギルモア・ガールズ」のエイミー・シャーマン=パラディーノ。

マーベラス・ミセス・メイゼルの感想

まず、どの場面を切り取っても本当に美しい画になっています。
マーベラス・ミセス・メイゼルの舞台は1958年のニューヨークなのですが、ファッションや家具・小物の色使いなど細部までこだわっています。

内容も軽妙で洒落ていて、テンポも良いので明るく楽しい気分で鑑賞する事が出来ました。

登場するキャラクターもとっても魅力的。
主役のミッジのマネージャーとなるスージーも格好良い女性で2人の関係性もみていて楽しめます。

[スージーの名言]
1人で生きるのはつらく無いけど、つまらない人間にはなりたくない。

そして、背後に流れる音楽がどれも素晴らしいです。
使用しているBGM楽曲のプレイリストがSpotifyにありました。
挿入歌やテーマ曲がまとめられています↓

レイチェル・ブロズナハンが可愛い


ファッションからメイク、ヘアスタイルまで50年代スタイルのレイチェル・ブロズナハン(Rachel Brosnahan)が本当に美しいです。

レイチェル・ブロズナハンは、1990年生まれ。
アメリカ合衆国のウィスコンシン州ミルウォーキーが出身で、2016年には「ウディ・アレンの6つの危ない物語」にも出演しています。

今後も注目の女優さんですね。

レイチェル・ブロズナハンInstagram
レイチェル・ブロズナハンTwitter

まとめ

いかがでしたでしょうか。
マーベラス・ミセス・メイゼルはシーズン1の全8話がAmazonビデオで公開されています。
人気作なので、シーズン2も配信予定でシーズン3の制作も決定したそうです!
今後も楽しみですね。

Sponsored Link

シェアする