免許は教習所通いではなく、合宿の方が良い|体験談口コミ感想

車の運転免許を取るには、教習所に通うか、合宿で取るかの2パターンがあります。

通う場合は、近所の自動車教習所に都合の良い日に予約を取って行く事になります。
免許取得にかかる期間は2〜3ヶ月程です。

合宿の場合、泊まり込みで集中的に授業を受ける事が出来るので、免許取得にかかる期間は2週間程となっています。

今回は、通いと合宿ではどちらがオススメかを経験談を交えてご紹介したいと思います。

最短・最安は合宿

費用的にも安く、期間も最短で免許が取れるのは、合宿です。
2週間ほどのまとまった休みが取れるのであれば、合宿がベストな選択という事になります。
学生にとっては夏休みなどの長期休みを活用すれば合宿で免許を取れるでしょう。

既に社会人として働いている方はまとまった休みが取れないと思いますので、その場合は通いで免許を取らざるを得ないという事です。

合宿免許ってどんな感じ?

私の場合は高校3年生の冬休みを使って友人と2人で山形の教習所に合宿に行きました。
宿泊場所は、教習所近くのマンションの1室でした。

合宿といっても見知らぬ人と雑魚寝なんて事はありませんし、一人参加であれば一人個室も勿論可能です。

基本的には宿泊している場所から毎日教習所へ行き、授業をこなしていきます。

合宿だからといって通いと変わるところはありません。

ご飯について

合宿免許のプランには様々なものがあり、食事は自炊で用意するか、宿泊先で用意してもらうかを選ぶ事が出来ます。
もちろん費用的には自炊の方が安くなっています。

出会いはある?

合宿免許で出会いがあるかというのは、結構大きな関心事だと思います。
結論からいうと、あります。

同世代の人が多くいますし、毎日顔を合わせる訳ですから、結構仲良くなる事も可能です。
より出会いの確率を上げるには、自炊ではなく食事付きプランの方が食堂での出会いも増えるのでオススメです。

かといって他の人と関わらずに静かに過ごすのも可能ですし、それで浮くような事も無いのでご安心を!

合間に観光も可能

授業は朝から晩までみっちり入っているという事はないので、合間に観光する事も可能です。
せっかくなら行ってみたかった遠方の観光地に行けるのも、合宿免許のメリットですよね。
合宿免許のデメリットも色々考えたんですが、特に思い浮かびませんでした。汗

まとめ

いかでしたでしょうか。
免許合宿って行く前は中々ハードルが高く感じますが、実際は早いし安いし、旅行気分も味わえて最高でした。
通いで免許を取った人に話を聞いていても、予約を取るのが面倒だったり、通いにかかる時間もストレスみたいですね。

合宿免許、オススメですよ!
全国の合宿免許教習所検索は、↓のバナーのサイトで出来ますよー。



Sponsored Link

シェアする