高齢者に免許返納して貰うには?|家族・身内の説得方法

近頃、高齢者ドライバーによる自動車事故が問題になっています。
やはり高齢になると身体能力や判断能力が段々落ちてくるので、まだ元気なうちに免許を自主返納する事が求められてきます。

でもそうは言っても、買い物やお出かけに使っていたりと、自ら進んで免許を返納する判断は簡単ではありません。
更に家族から返納を勧めるというのも、実は難しい事なのです。

今回は私が実際に祖父母の免許返納を説得した体験談をご紹介したいと思います。

Sponsored

説得の方法

まず、「高齢者の事故が増えているんだから、免許返納してくれ!」と一方的に言っても中々難しいと思います。
事故のニュースは高齢者自身も既に強く認識しているはずです。

なので、下記の項目を話題の中にさりげなく入れて、徐々に気持ちを動かしていくのが良いでしょう。

・高齢者の事故が増えていて怖いね。
・自分で車を所有する維持費を考えると、タクシーの方が良い。
・免許返納してくれれば、家族も安心出来る。
・車を売ると、こんなにお金が貰える。

高齢者も「自分はまだ大丈夫」とプライドを持っています。
なので自尊心を傷つけないように、少しずつ行くのがオススメです。

金銭的にもメリットは大きい

実際、車を所有していると、自動車税などの税金や保険代、駐車場代にガソリン代と、年間何十万円もの維持費がかかっています。
維持費が安い軽自動車ですら、30万円〜50万円は必要です。

なので免許を返納して車を売却すれば、今後の維持費がなくなるばかりか、お金まで入ってきます。

自家用車の代わりに電車やバスといった公共交通機関を利用すれば、かなりお金を節約出来るのは自明ですよね。

でも車の維持費に比べると、外出頻度によってはその都度タクシーを使用しても割安になるという人は多いと思います。

事故の心配もなくなり、お金も節約出来れば最高ですよね。

まずは車の見積もりを

今の車を売れば、「○○万円になるよ」という情報は、かなり効果的です。
私の祖父母も「そんなに高く売れるの?」といった感じで、これが決め手になりました。

売却の手続きなどは、代行してあげても良いでしょう。
まずはユーカーパックのような大手の中古車買い取りサービスで見積もりをとってみるのが良いでしょう。
下記のリンクから公式サイトに飛べます。

1回の査定で最大5,000社があなたの車に金額提示!【ユーカーパック】

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は私が実際に祖父母の免許返納を説得した体験談をご紹介しました。

家族であっても説得は体験ですが、事故があってからでは遅く、人生も狂ってしまいますからね。
ご参考になれば幸いです。



タイトルとURLをコピーしました