ワンピースの名セリフ・名言|尾田栄一郎さんは文学的才能もある

全世界の累計発行部数、2017年10月時点で4億3000万部を突破。
国民的漫画の域を超え、世界的な漫画になったワンピース。

ワンピースはストーリーやキャラクターの魅力はもちろん、様々な名セリフや名言がありますよね。

今回はその中でも、語感が良いセリフ2TOPをご紹介します。

ブルックとラブーン

遠くの海で帰りを待つラブーンを想う、ブルックの回想シーンのセリフです。

身勝手な約束をして、声も届かぬ遠い空から
「死んでごめん」じゃないでしょうに

男が一度、必ず帰ると言ったのだから

届けます、必ず、この歌を今日か明日かとあの岬で我々を待つ、我らの仲間、ラブーンに
ラブーン、お前が50年もの間、そこで待っててくれていたのなら、あと1、2年だけ、辛抱してくれませんか

シャンクスと白ひげ

シャンクスが白ひげに、エースを止めるように直談判しに行ったシーンのセリフです。

白「オレにどうしろってんだァ? それが本題だろう」

シ「エースを止めてくれ。
若くも、お前の船の2番隊隊長を任される男だ。
エースは強い。
そんなことはわかってる。
だがその名声と信頼が話をこじらせる。
今はまだ、あの2人をぶつける時じゃない。
黒ひげティーチから手を引け!
たったそれだけの頼みだ。」

白「洟垂れ坊主が言うようになったなァ?
あいつの罪は、海賊船でもっともやっちゃあならねぇ仲間殺しだ。
鉄の掟を破ったのさ。
俺の船に載せたからには、どんなバカでもおれの息子よ。
殺された息子の魂はどこへ行くんだ?
仁義を欠いちゃぁ、このひとの世は渡っちゃぁいけねぇんだと、ティーチのバカに教えてやるのが、俺の責任だろうがよ!!
わかったかほんだらァ。
俺に指図するなんざ百年早ェ。」

シ「誰にも止められなくなるぞ。
暴走するこの時代を!!」

白「恐れるに足らん!
俺ァ、白ひげだ!!」

まとめ

いかがでしたでしょうか。
これだけ語感の良いセリフを考える尾田栄一郎さんは、文学的才能もあるんだなぁと感じます。

[関連記事]
「チャーリーとチョコレート工場」の名セリフ。お金とチャンスについて。
「最後の恋のはじめ方」の冒頭の名セリフ
かんぽ生命のCMコピーが良い。能年玲奈「人生は、夢だらけ。」篇

Sponsored Link

シェアする