仕事が上手く行かない時はどうすれば良いのか。イチローに学ぶ「生き方の問題」

仕事が上手くいかない、結果が出ないという時期は誰にでもあると思います。

そんなつらい時期は気分も落ち込みがちになってしまいますが、そんな時はどう対処すれば良いのか、プロ野球選手であるイチロー選手の言葉から学びたいと思います。

イチロー選手といえば、誰もが認める超一流選手です。
子供たちだけでなく、プロ野球選手からも尊敬され、憧れの存在であるイチロー選手ですから、勿論人生の成功者とも言えると思います。

でもその裏には、とてつもない努力と、そして悔しい思いが隠されているのです。

数多くの失敗と、悔しい思い

4,000本安打を達成したインタビューでのこと。

「4,000のヒットを打つには、僕の数字でいくと8000回以上は悔しい思いをしてきているんですよね。
それと常に自分なりに向き合ってきたこと。
その事実はあるので、誇れるとしたらそこじゃないかなと思いますね。」

またNHKのプロフェッショナルのインタビューで、イチロー選手はこうも語っています。
結果が出ずに、メディアに批判的な内容が連日載っている時期の心境を聞かれたイチロー選手は、

「悔しいですよ。色々悔しいですよ。まぁ僕なんかは、僕らなんかは、好きなことを職業にしていると、まぁ実際そうなんですけれども、でも、周りで見てるほど、その楽しくなんかないっていうか。好きなことを職業にして、技術を磨いていく、精神を磨いていくという行為というのは、草野球でやってる楽しさとは全然違うものなんですよね、実は。
だからこういうことを言っていいのかわからないですけれども、とても子どもに楽しいから野球選手になってくれとは、僕はとても言えないんですよ。
ただ、それをどう跳ね除けようかと、もうそれはもう、くそったれと思ってますよいつも。どうしたって人が絡んでくるので。
こんな奴らに僕がぺちゃんこにさせられるわけにはいかないし。」

そして様々なインタビューでも語っていますが、楽しい瞬間というのは本当に節目節目の一瞬だけであり、あとは苦しい、悔しい思い、プレッシャーと向き合っているのだとも発言されています。

イチロー選手でも失敗や悔しい思いをしているのはわかりましたが、それでも何故多くの人に感動や勇気を与え続ける事が出来ているのでしょうか。

その答えも、イチロー選手の発言に見ることが出来ます。

上手く行かない時こそ、本質が問われている

イチロー選手がスランプに陥り、全く結果が出せない日々が続いていた際、心境を問われ、

「バッティングの事とか、技術の事とかって、僕にとって、というか見てる人からしたら、実はそんなに大したことじゃないと思うんですよね。
どうやってこの人が生きているんだろう、という事が大事なことで、人って結局苦しい中でどう向き合うかとか、どうやって進んでいくのか、進もうとしているのかっていう姿勢みたいなのが結局大事だったりするじゃないですか。
そういう、何かに向かっていく姿勢というのがきっと大事なんだろうなというふうには思っていますし、僕もそうでありたいなと」

それでも、頑張っても、結果が出ない時というのはあります。
しかしイチロー選手は、そんな時でも投手の得意な球、打つのが難しい球をあえて打ちに行きます。

なぜ甘いボールを待とうとしないのか問われたイチロー選手は、

「瞬間的に結果を出すために、その貫いてきた、自分が信じてるものを崩してしまうということは、自分が信じてきたものを否定してしまう、で自分の生き方も否定してしまう、その姿勢というものが変わってしまうと、もうそこにいる意味が無い。」

例え結果が出なくても、自分の信念を貫く。
それは”生き方の問題”なのだとイチロー選手は語っています。

つまり、イチロー選手が多くの人を魅了し、感動や勇気を与えているのは、華やかなプレーだけでなく、その生き方に惹きつけられているのです。
常に前進し、苦しいことから逃げださず、目の前の事に真摯に打ち込む。

多くの人は、イチロー選手が毎日同じご飯を食べ、念入りにストレッチして、というルーティンをこなしているのを見て、イチロー選手は精神力が強いと言います。
でもイチロー選手は、そのストレッチについて「やりたくないと思うことはある」と発言しています。

それでも、一回として怠ることはありません。ただひたすら向き合うのです。

イチロー選手の姿勢から学べること

仕事で結果が出ない、上手く行かないという時、投げ出してしまうのは簡単です。
人や環境のせいにしたり、ズルをして結果を誤魔化すことも出来るかもしれません。

しかし、そういう時だからこそ、今出来ることに集中し、逃げずに向き合う。
これは大変苦しいですが、たとえ結果が出なくてもこれは”生き方の問題”なのだと捉えると、なんとか向き合うことが出来る。

そしてそれは、将来的に絶対にプラスになっていくのです。

Sponsored Link

シェアする