さくらレンタルサーバ&ワードプレスで無料で常時SSL化する方法

さくらインターネットのレンタルサーバーで、「Let’s Encrypt」という無料SSLが利用出来るようになりました。
これによって、費用を一切かけずにWordpress等のサイトを常時SSL化する事が出来ます。

しかもSSLの設定もコントロールパネルからも出来て、URLやリンク、画像パスの書き換えやリダイレクトもさくら公式のプラグインで簡単に出来るので、かなりオススメです。

良い時代になったなぁ。。
1年くらい前にやった時はお金もかかるしかなり大変でしたからね。

ではその方法をご紹介します。

コントロールパネルでの設定

まずはさくらのレンタルサーバのコントロールパネルで設定を行います。
流れとしては、

①コントロールパネルの「ドメイン設定」の「ドメイン/SSL設定」をクリック
②ドメイン一覧にある該当ドメインの行の「登録」をクリック
③「無料SSLの設定」をクリック
④「無料SSLを設定する」をクリック
⑤下記のメッセージが表示されるので、メールを待つ
「ただいま無料SSL証明書の発行手続き中です。 発行完了後にメールでお知らせしますので今しばらくお待ちください。
発行には数十分〜数時間かかる場合があります。発行が完了しない場合はサポートサイトのよくある質問をご確認ください。」

⑥メールが届いたら、さくら側での設定は完了です。僕の場合は30分程でメールが届きました。

といった流れです。
(詳しい設定方法については【無料SSL】サーバコントロールパネルからの導入手順|さくらのサポート情報をご覧下さい。)

ワードプレスでの設定

続いて、ワードプレス側での設定を行います。
流れとしては、

①「さくらのレンタルサーバ 簡単SSL化プラグイン」をインストールして、有効化
②「設定」から「SAKURA RS WP SSL」を選択
③SSL化の設定を行う。

といった流れです。
(詳しい設定方法については【WordPress】常時SSL化プラグインの使い方|さくらのサポート情報をご覧下さい。)

これでURLが表示されているアドレスバーに「保護された通信」と出れば成功です。

↓のように、「このサイトへの接続は完全には保護されていません」と出た場合は、どこかにhttpが含まれている事が多いです。

ソースや記事中のパスなどはこの「さくらのレンタルサーバ 簡単SSL化プラグイン」で自動で書き換えてくれるのですが、ウィジェットに画像を使用している場合などは自分でhttpsに書き換える必要があります。

原因の特定としては、Google Chromeの場合はサイト上で右クリック→「検証」で下にコンソールが出るので、右側にある黄色三角のアラートをクリックします。
すると↓のような黄色い枠が出るので、ここに原因が出てきます。この画像でhttpになっていますよ!という事ですね。



Sponsored Link

シェアする