「成功哲学」ナポレオン・ヒル著を読んで|信念で目標達成する

自己啓発書として世界中でベストセラーになっている「成功哲学」。
著者はナポレオン・ヒルで、「思考は現実化する」という本も有名です。

今回は「成功哲学」の中で心に残った部分を抜粋してご紹介したいと思います。

子どもをむやみに叱らない

容赦なく叱られたり、「お前のためだ」などと諭されると、そのうち自尊心がダメになってしまうものなのだ。挙句にその子供が大人になると、他人に寄りかかるような人間になってしまうのである。

感情に任せて子どもを怒鳴っても、何も良い事はありません。

余計な事は言わなくて良い

自分が自分の心を持ち続けつつ、他人にもその人自身の心を持たせるためのいちばん良い方法は、あなたが自分の考えの中のある部分を言わないでおくことである。あなたは一生の間、自分自身の考えや信条を説明しつつ生きていく必要はない。むしろ、そうすることで不必要な衝突を引き起こすことのほうが多いはずだ。これは例えば、宗教や政治など、論争の起こりやすい問題についてはそうである。

自分が考える事について、1から10まで他人に話す必要はありません。
他人は他人であると割り切れば、余計な争いなどを避ける事が出来ます。

自制心を持つべし

自制心のある人は、ほかの多くの人が持っていない力を持っている。とりわけその人たちは、状況をはっきりと見通す力に長けている。

自制心を持っているということは、様々な状況に対して冷静に対処する事が出来るということです。

怒りの感情は「書くことによって身体から出す」ことができるということだ。これは誰にでもできる簡単な方法の割に効果は非常に顕著に現れる。

誰でも怒りの感情を持ってしまう事がありますが、そういう時は紙に書いて発散するという方法がお勧めです。

信念を持て

実は”大いなる秘密”とは、信念なのである。達成を心に描く(イメージする)ことは、まぎれもなく(イメージを)達成そのものに変えるためのプロセスである、それは人間の持つ大きな特権である。
本気で、深く大きな富を得るのだと信じれば、それは手に入る。
本気で、深く健康を手に入れるのだと信じれば、それは手に入る。
本気で、深く心の平安を得るのだと信じれば、それは手に入る。そして、それに付随するすべての奇跡も。

”人間の心が信じられるなら、人間はそれを達成することができる”
これは、はるか昔から知られていた秘訣であり、今日の目標達成を支配する秘訣でもある。人間の運と深く関わる秘訣であると同時に、すべての時代に通じる秘訣でもある。

信念は自分が思っているよりも強力なものです。
何が欲しいか、何を手に入れたいか、具体的にイメージしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ナポレオン・ヒルの名著、「成功哲学」。
是非一度読んでみて下さいね。

[関連記事]
孫正義に学ぶ人生の夢、ビジョンの描き方|カンブリア宮殿で若者へ語った事
アンソニー・ロビンズ「一瞬で”自分の夢”を実現する法」を読んで
「人間は自分が考えているような人間になる」アール・ナイチンゲール著を読んで
「生き方」稲盛和夫著を読んで|大きな夢を描き、日々努力する

Sponsored Link

シェアする