テレビを捨てて1年以上が経ったのでメリットとデメリットをあげてみる。|体験談・経験談

1年以上前、テレビを処分しました。
そして、一切テレビは観なくなりました。

テレビ捨てたいけどどうしようかな?と悩んでいる人もいると思うので、メリットとデメリットを記しておきたいと思います。

テレビを捨てた理由

テレビを捨てた一番大きな理由は、テレビって時間の無駄じゃないか?と思った事です。

しかし、捨てるまでは少しタイムラグがありました。
勉強になる番組もあるし、なんとなくテレビがないとシーンとして寂しくないか!?とか心配してましたね。

で、まずは徐々に録画している番組を減らしていきました。
自分にとっては欠かせないと思っていた番組でも、いざ観なくなっても実は何も困らない事がわかったので、ついにテレビを処分しました。

テレビを捨ててから気づいたデメリット

夜はなんとなくテレビがついている、というのが習慣になっていたので、最初は少し違和感がありました。
でも、それはすぐに慣れましたね。

デメリットを挙げるとすれば、”世の中の流行を少し感じにくい”というのと”CMを観れなくなる”というくらいでしょうか。

流行という面では、ブレイク中のタレントさんとかは知らなくても困りませんが、最近だと「今仮想通貨ってどれくらいテレビで取り上げられてるんだろう」とかは思いましたね。
SNSとかニュースサイトとかではわかるんですが、やはり多くの人が観ているテレビでどんな感じかっていうのも少し気になりました。

CMについては、どんな企業がどんな商品をプッシュしているか、というのが感じやすいポイントですからね。
ビジネス的に知っておきたいという人もいると思います。
CMは動画サイトとかでも出てくるんですが、やはりテレビとは違いますからね。

デメリットはこれくらいです。
正直無理やりデメリットをあげたような感じで、実際は全然困っていません。。笑

テレビを捨てたい人が不安であろう点

緊急時
災害時などの緊急時では、やはりテレビの力は大きいですよね。
でも、インターネットさえ使える状況であればニュースのLIVE中継はいくらでもみれます。
僕はインターネットも出来ない状況に備え、ラジオは持っています。
大きなスポーツの試合など
これもネットで観れます。
実際ワールドカップはNHKのサイトやTverでも同時配信がありました。
まぁ極論をいえばパソコンでテレビもみれちゃうんですけどね。

好きな番組が観れない
今はTverとかありますから、観れる番組は意外と多いです。
これからもどんどん増えるでしょう。

あと、今重要だと思っている番組があったとしても、観れなくなっても何も困らないはずです。
一度試しに観ないで過ごしてみるとわかると思います。
最初は気になってしまうんですが、慣れですね。

テレビを観なくなるメリット

◯時間の有効活用
まず時間が有効に使えます。
なんとなくぼーっとテレビを観ている時間って、冷静に分析してみると意外と多くてビックリすると思います。

その無駄な時間を、仕事の為だったり、家族の為だったり、自分の為に使えます。
人間にとって時間が一番貴重な資産ですからね。

◯情報の遮断
人間の脳にも容量があります。
そこに「誰々が誰々を殺した」とか、「誰々が不倫した」とか、下らない情報を受動的に詰め込まれるのはもったいないです。

だったら自分で好きな情報を能動的に得ていく方が遥かに良いでしょう。
好きな作家の本を読んだり、気になっていた映画を観たり。

今は情報が溢れている時代ですから、取捨選択が重要です。

まとめ

色々書いてきましたが、結論としては”テレビ無し生活は絶対におすすめ”です。
最初は勇気がいるかもしれませんが、思い切って試してみて下さい。

テレビは捨てるより売った方が良いですよ。
捨てるにもリサイクル法の関係で粗大ゴミには出せず、高額な処理費用が取られます。

私は家電買取なら【リサイクルネット】というサイトで売りました。

以上、ご参考になれば幸いです。



Sponsored Link

シェアする