Youtubeの動画アップロード上限|サーバーがファイルを拒否しましたというエラーについて

YouTubeに動画をアップロードしていたら、「サーバーがファイルを拒否しました」というエラー表示が出てアップロード出来なくなりました。
これって、どういう意味なんでしょう。
調べた結果と体験談をご紹介します。

アップロードの上限が原因

今回の私のケースでは、大量に動画をアップロードした事が原因でした。
具体的にいうと、細かい動画を100件まとめてアップロードしちゃいました。。
それで、101件目からはエラーが出たという流れです。

解決方法

このアップロード上限に引っかかったケースは、ネットで色々調べても情報は少ないです。

頑張って色々と調べた結果、要はYoutube側でスパム対策として、短時間に大量のアップロードがあった場合に制限をかけるという事ですね。

解決方法としては、時間が経って制限が解除されるのを待つしか無いようです。
この制限が解除される時間も、人によるみたいです。
私の場合は、翌日には制限が解除されてアップロード出来るようになっていました。

何個がアップロード上限か

具体的に何個が1日の動画アップロード上限であるなどの厳密な数は、公開されていません。
毎日20個の動画アップロードを続けていたら、チャンネルが停止されたという情報もありましたね。

なので大量の動画をアップロードする必要がある方は、まとめてアップロードせずに動画が出来た段階でこまめにアップロードするのがオススメです。
アップロードさえしておけば、公開日時は指定も出来ますからね。

まとめ

いかがでしょうか。
今回はYoutubeの動画アップロード上限についての体験談をご紹介しました。
ご参考になれば幸いです。

Sponsored Link

シェアする